Geniusな日々をご紹介

2018/031234567891011121314151617181920212223242526272829302018/05


 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
冬季五輪開催中日本人選手の活躍が期待される中、久しぶりの投稿でで御座います。

🐰ピョンちゃんオリンピック一等賞の商品はおいしいニンジンです。

🐱4年後はニャンちゃんオリンピックです。(スポーツには疎いですね。)

今日はクラッチワイヤーの製作。

P1070862.jpg
懐かしのホンダCRM50。
懐かしいだけあってクラッチワイヤー生産中止完売なのだ。





P1070870.jpg
在庫の中から適当なワイヤーを物色。




P1070865.jpg
レリーズ側形状が近く、手間が少ない。これでいこ。




P1070880.jpg
先ず部品作り。
6mm真鍮棒カット。




P1070884.jpg
2mmのワイヤーに対し、2.5mmで穴開け。






P1070892.jpg
ワイヤー出口は大きく座刳ってあります。(ざぐるっていうんですよ)
指のアップが気持ち悪い。





P1070874.jpg
エンドのキャップはカシメてあるので過熱して取り外しておく。





P1070877.jpg
新しいアウターを任意の長さにカット。





P1070888.jpg
材料そろいました。




P1070891.jpg
新しいアウターに加熱したキャップを被せる。
完全にボトムさせないと使い物にならない。





P1070452.jpg
真鍮棒で作ったタイコの穴にワイヤーを指して先端をほぐして広げて座刳りに引っかかる様にします。
適切な画像が無いので古い作業例から探したカットですが、やはり指のアップが気持ち悪い。




P1070896.jpg
先端を始末してから半田付けした図。
半田はステンレス用。
作業後、フラックスを良く洗い流さないと早期に腐食します。





P1070897.jpg
予めワイヤーに通しておいたジュラコンのカバーを被せてワイヤー完成。
ワイヤーは全体長、インナーアウターの長さの差、両端作動部の形状、取付部分が近似又は同一であれば良い訳で、細かく測って数字にする必要無し。量産じゃ無いからね。





P1070899.jpg
この車はレバーを握った際インナーが手前に引かれるようでアジャストスクリューと干渉します。





P1070898.jpg
この場合、切り欠きを手前にする事でアタックをかわせます。





P1070903.jpg
レリーズ側。
旧いホンダはWナットでフローティングになっているのだが固定式に改める。
ステーの角度が悪くワイヤーのアタックがやはり強い。





P1070904.jpg
これで良し。
ワイヤーが切れるのにも原因があるのだ。

他の作例はまたいつか。

ワイヤー1本で高額請求はし難いので一連の作業はこの記事書くより速いのだ。
...........................................................................................................
* どう見えるかよりも己が何で有るかが重要である。
* 故にblogは重たく指のアップは気持ち悪い。   Genius.

スポンサーサイト
皆様、今年も残り350数日となりました。良いお年をお迎え下さい。


さて、
本年一本目は昨年刷新されたT-MAX530DXにGIVIをマウントした際のフィッティング製作のご紹介。





P1070498.jpg
例によってT-MAXのマウント部をコピー。




P1070503.jpg
一つだけだから図面無し。
求める形になれば良いので数字に置き換える意味が無い。



P1070505.jpg
型紙を張り付けてスプレー。




P1070506.jpg
切り出し。



P1070507.jpg
穴開け。




P1070511.jpg
研磨。




P1070513.jpg
バッチリでしょ。




P1070514.jpg
曲げ。
剛性確保。




P1070518.jpg
溶接。




P1070522.jpg

P1070523.jpg
塗装。




P1070525.jpg
はい完成。




P1070527.jpg
市販品が無いので作りました。

....................................................................................
今回は写真増やして文章書かない作戦。 by Genius.
YZF-R1Mのグラフィック、ブルーからオレンジに色替え。
お客さんムチャ振りで飽くまでグラフィック部分だけ塗る。
どーしましょ?
久しぶりのペイント。


グラフィックの位置をマスキングテープで採ってあります。
ブルーのグラフィックの周囲0.5mm程の隙間が確認出来ますか?
ここまでがクリアでコートする範囲で下地を研ぐ範囲。
ベースコートは耐溶剤、耐薬品性低いので同一の見切り(マスキングライン)だと
断面に露出しますから、見切りをずらして完全に覆うということです。
結果として塗膜の段差を小さくする効果もあります。
70μの段差が、30μ→40μの二段。




P1070562.jpg
こちらは研ぎ終わり。
この後0.5mmアンダーサイズでベースカラー用マスキングをする。
他の部分は活かすから、かえって手間が掛かる。




P1070565.jpg
今回はプロッターやマスキングシート等は使わず、テープを重ねた物を手作業で切り出しました。
直接貼って切る事も有りますが流石にナイフ入れられないですよね。




IMG_20171029_152150.jpg
今回はアレンジして文字はカーボン地で行きます。
昔の塗装屋さんが「かっぱ抜き」と呼んだテクニック。





IMG_20171029_154755.jpg
オレンジの下は下色にホワイトが入ってます。
オレンジは光を良く通す為、下色の影響が大きい。
白の反射板を敷く事で発色が良好で均一になります。




IMG_20171031_123925.jpg
艶っぽく塗りあがったオレンジも乾燥後研いでしまいます。
(因みにサンドペーパー#1000水研ぎ)




IMG_20171031_124024.jpg
クリアコート→加熱後、完全硬化前の姿。
2対1の純ウレタンクリアで高級品。扱いが難しいから使っているところは少ないよ。





P1070573.jpg
硬度が上がる前に磨く。
磨くといっても見切りの段差を丸める程度。
数日休ませれば出来上がり。




P1070690.jpg
組み上がった画像無かったんで後日撮影。




P1070688.jpg
HYODO辺りが似合うのだ。




P1070583.jpg
「READY TO RACE」なR1完成~。


         Daily khaos!  by Genius.
広告も表示された事ですし今日は折れたボルトの抜き取り例。


充分なトルクを伝達できる長さが無く、外周のスペースも狭い。
でも無傷で抜くのだ。




P1070546.jpg
回転できるサイズのナットの穴径を10mmに拡大。




P1070548.jpg
溶接してしまう。直ぐには回さない。




P1070549.jpg
アルミとスチールの熱膨張差で勘合が弱まるので溶接の熱が充分伝達したところで緩める。




P1070550.jpg
上手くいきました。




P1070551.jpg
スレッドを修正して新しいスタッドボルトを打つのですが、外周が狭くWナットが使えません。




P1070553.jpg

ナット一個でボルトを接いで高さを稼いでセット。




P1070558.jpg
ナットにも残っているのですが、断面が引っかかって取れませんね。




P1070560.jpg
裏からドリルで揉んでやると右回転と正ネネジなのでこの通り。




P1070561.jpg
お釈迦にしない為にはケースごとの判断が重要なのだ。

チャンチャン。 

....................................................................................

*アクセス無くても放置で広告が表示されて人気ブロガー気分の  Genius.

2008年に排ガス規制によって姿を消したXJR400Rであります。
レトロな外観と魅惑の4気筒サウンドで未だ人気が有る様ですが、
小柄な女性となると扱いがチトしんどい様です。

という事で、今日は最近オーダーが多いサイドスタンドの加工。




IMG_20170821_210845.jpg
小柄な方は何が困るって、スタンドが出ない。
足の長さを目一杯使える様にトーフックを追加します。
溶接棒とAOKIの安全靴26.5cmで位置と形状を検討します。
ライディング中や停車時に干渉せずつま先で引っ掛け易くないといけません。




IMG_20170821_211511.jpg
曲げ。




IMG_20170821_212845.jpg
両端を仕上げてこんな感じ。




IMG_20170822_103424.jpg
くっつける。




IMG_20170822_105259.jpg
塗装シーンが飛びましたが、こんな感じ。
(手と足の画像ばかりなのに気付き冒頭にXJR400Rの画像を入れる。こんなの多い)




IMG_20170822_105326.jpg
上方、手前に来てますから10cmは稼いだんじゃないでしょうか?足の長さ。




IMG_20170822_105248.jpg
足つきも問題無し。




IMG_20170822_110051.jpg
工場のO太朗氏に試して貰った図。

手間だけど人の役に立つのだ。

           女性歓迎 by Genius.
 / Template by パソコン 初心者ガイド

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。