改造

Geniusな日々をご紹介

2017/09123456789101112131415161718192021222324252627282930312017/11


2008年に排ガス規制によって姿を消したXJR400Rであります。
レトロな外観と魅惑の4気筒サウンドで未だ人気が有る様ですが、
小柄な女性となると扱いがチトしんどい様です。

という事で、今日は最近オーダーが多いサイドスタンドの加工。




IMG_20170821_210845.jpg
小柄な方は何が困るって、スタンドが出ない。
足の長さを目一杯使える様にトーフックを追加します。
溶接棒とAOKIの安全靴26.5cmで位置と形状を検討します。
ライディング中や停車時に干渉せずつま先で引っ掛け易くないといけません。




IMG_20170821_211511.jpg
曲げ。




IMG_20170821_212845.jpg
両端を仕上げてこんな感じ。




IMG_20170822_103424.jpg
くっつける。




IMG_20170822_105259.jpg
塗装シーンが飛びましたが、こんな感じ。
(手と足の画像ばかりなのに気付き冒頭にXJR400Rの画像を入れる。こんなの多い)




IMG_20170822_105326.jpg
上方、手前に来てますから10cmは稼いだんじゃないでしょうか?足の長さ。




IMG_20170822_105248.jpg
足つきも問題無し。




IMG_20170822_110051.jpg
工場のO太朗氏に試して貰った図。

手間だけど人の役に立つのだ。

           女性歓迎 by Genius.
スポンサーサイト
今日は最近かなりキテる、ヘリテイジ系XSR900を80’s風にするのだ。




IMG_20170406_102447.jpg
メーターブラケットを採寸。
コピー機が素敵。




IMG_20170406_105506.jpg
追加するタコメーターのレイアウト考察。
デザイン的にメーターのセンターを揃えたいがメインスイッチにアクセスし辛いので1/8程上とした。




IMG_20170406_122207.jpg
ベガスさんごめんなさい。(ナンバー台なのに良い材使ってますね、、)




IMG_20170406_123416.jpg
こんな風に
IMG_20170406_131421.jpg
こんなして(廃材とはバレまい)
IMG_20170406_132521.jpg
純正風にヘアラインを入れてポリッシュ。
IMG_20170406_142344.jpg
クリア掛けして出来上がり。
チョキッとポリッシュ足りなかったか?(下は業務日報。遊んでないよ)





IMG_20170406_191336.jpg
コックピットこんな風。




IMG_20170406_191403.jpg
LEDに換装。
ライトケースが狭いし、ネイキッドはコネクターやコードの始末を考えないとカッコ悪いからねー。




IMG_20170408_171542.jpg
カウルはY'sギア外装キットから採色してペイントしたもの。

IMG_20170408_171555.jpg
この出来なら大観山クシタニカフェ前で何故か缶コーヒー飲んでるナイスガイに話し掛けられること請け合いなのである。
ナイスガイなら是非ともタコメーターの存在に気付いて欲しいものだ。




IMG_20170406_164045.jpg
ネイキッドでも恰好良いよ。

               by ペギー葉山
今日はカスタムペイントだよ。



IMG_20160408_102423.jpg
クライアントと打ち合わせたイメージで作業指示書を作ります。



で、出来たのがこれ。
以下、YAMAHAオリジナルと比べてご覧下さいな。
P1060335.jpg

P1060341.jpg




P1060339.jpg

P1060340.jpg




P1060336.jpg
何だかカタツムリみたいだ。
P1060342.jpg




P1060338.jpg

P1060343.jpg
大きくイメージは変わって無いけど分かる人には分かるのだ。
西湘パイパス国府津辺りでうどん食って、ウーロン茶飲んでたら通なGUYに話し掛けられる事必至。




P1060362.jpg

P1060361.jpg
フィニッシュのスムーズさにも注目。色の堺も完全にサーフェースされて段差無し。
標準のデカールによるホワイトは鮫肌でしょ。映り込みが違う。



P1060359.jpg
格段にクオリティアップするんだからビビる必要無し。
240万がなんぼのもんじゃい!
(私が払う訳じゃ無い)


他人様のバイクに命を削る  by Genius.





P1060302.jpg
ホンダには俗称「ROSSIグリップ」と呼ばれる物が有るが、ヤマハはTZグリップの本家。
社外品の「TZタイプ」よりやや太さは増すがローレットが深く、食い付き最高!
合成ゴム製だから接着性、耐候性良好である。
(最近はサードパーティー製品にデザインの凝ったものが多いが良い物は少ないよ)

あっ、TZって知らない?




P1060305.jpg
これ合成ゴム製社外品。





過去のYAMAHAレーサー&レプリカは皆これだったが、クラッシックな雰囲気のバイクにも似合うのだ。
因みに今回はSR400に装着。(SRにはスロットルガイドチューブを交換、又は加工する必要が有る)

品番
    L 47X-26241-00 ¥660-
    R 47X-26242-00 ¥660-
                共に全長115mm

-----------------------------------------------------------

このBLOG、昨年より更新していなかったらしい、、

*

*

*
 
*

*

*

*

*

*

*

         では皆様、又来年!

The next governor hopes for Dr.Nakamatsu!

                     Genius でしたー

LEDヘッドライト標準装着車がどんどん増えている時代に
SRのヘッドライトレンズをCIBIEに換装しました。




P1050149.jpg
光源は標準バルブ、H4 60/55W。
こうして見る分には特に変わった様子は無いが、。




P1050148.jpg
LOWビームの配光が基準どおりでしかも輪郭がシャープ。

HIビ-ムも巧な集光で上下切替ではどちらも基準ドンピシャ。
上下共合う社外ライトはなかなか無いぞ。

光軸の検査はHI側で行われるのですが、HID等はLOWに切り替えた時に基準に入らない物が多い。(車のドライバーから苦情の経験ありませんか?)

HIDのH4バーナーはマグネットでスライドさせて上下を切り替えているのだが、今時主流のマルチリフレクターは発光位置で大きく焦点が変わる為ヘッドライト自体の設計とマッチングがウルサイのだ。(良好な組合せ例も多く有りますよ)

(アフターマーケットのLEDバルブに到っては全く以って実用外、逝って良し。)


P1050147.jpg
肝心の光量は何と65000cd(カンデラ)も出ている。
光源は一緒だから上手に配光させた結果です。

市販のHIDの大半が20000cdチョイチョイだからこの明るさが想像出来ますよね。

保安基準では光の上下左右、LOWビームでのカットオフ(対向車の幻惑防止で右側を遠く照らさない投影)の他、15000~200000cdの範囲に入らなければいけません。

(過去、HID+マルチリフレクターの車両で110000cdを超す物も有りましたが、やはりリフレクタが溶損しました。)

どんなに強力な光源でも光が拡散してしまっては元も子も無い。

他の交通の迷惑にもなります。

パワーにこだわる方、夜間スモークシールドで走ってませんか?


どんなシステムで照らすとしても、

エネルギーの大きさよりも配光ですよ。


*SRのヘッドライトボディは確実な調整と固定が出来るしっかりとした物です。
レンズだけの換装がオーナーさんにはオススメ。


健的告別  by Genius.
------------------------------------------
 / Template by パソコン 初心者ガイド