お気に入り

Geniusな日々をご紹介

2017/07123456789101112131415161718192021222324252627282930312017/09

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

テール球の交換だったのですが、気付けば子供が増えていました。

効き目+30%か?

いろんな所に行けて君らはいいね。

顔の汚れが走行距離を物語ってるなー。
スポンサーサイト


オイル交換してたらこんなのが居ました。

オーナーはバイクに夢中の様で、休日は絶対乗りたいんだろうなー。

こいつアゴ紐してるの、カワイイぞ。

(君の御主人が男性で無くって良かったな、、。)

iphoneのカメラも「顔」として認識しました。めでたし、めでたし。

//////////////////////////////////

P.S.  結構効果が有るそうです。
私の好きな「ひらのさん」_Thai Yamaha Motor製Filano(フィラーノ)をドレスアップしました。

P1030077.jpg



P1030065.jpg
スクリーン+フォールディングタイプ・フロントキャリア(閉)



P1030066.jpg
使用時(開)




P1030067.jpg
バディ風シート。(なんちゃって2ピース)縫製、表皮共に質感良し。




HIRANO1.jpg
リヤキャリア閉



HIRANO2.jpg
開。
キュートなテールはS社HAYABUSAソックリだったりする、、。




P1030072.jpg P1030076.jpg
ステンレス製フュエル・フィラー・キャップ。

同じアジアン・メイドでもタイ製はポップでお洒落、楽しい車が多い。中国語圏が実用重視なのと好対照。
アクセサリー装着車は9/30まで展示致します。是非一見されたし。


無題
車両、アクセサリー共、タイ・ヤマハは品質が良い。欧州製よりもだ。例えばグラフィック1枚貼るのにもチョークで貼付位置をマークしてある。恐らく型紙でもあるのだろう。ズレはおろか気泡等も皆無、塗装の質も良い。この優れた品質管理の源をWEBで見つけたよ。以下某コンサルティング会社↓

http://www.jmac.co.jp/case/client/case16.php

民族的気質も有るだろうな。台湾、伊、仏はもっとユルイよ。
[ひらのさん]の続きを読む
しつこくSPARK135i三発目。


マレーシアで行われているワンメイク。タイヤはチト太いがストックに近い。


こちらは改造度合いが違う。速い。

ASEAN CUP詳細はコチラ。↓ 
http://www.yamaha-motor.co.jp/news/2009/01/14/aseancup.html


全日本ST600では現在タイ・ヤマハレーシング デチャ・クライサー選手がポイントランキング首位、
チャランポン・ポラマイ選手が現在ポイントランキング9位。
今年の4耐覇者、ブーンシュウ・ホンダのカマルザマン選手も別格の速さ。有ろう事か全日本の話だ。
(日本国内はギャンブルレーサー転向組が目立つね。中にはGP経験者も、、。)

上の二つのレースのスポンサーロゴの華やかさ、ライダーや観客から伝わってくる熱気はどうだ。(コースはチープだ)
彼らはプロへの切符を手に入れようと必死。まるで在りし日の日本。
同じアジアでも南方はやはり熱い。私自身、この元気に少しはあやかりたいものである。

前回書いたSPARK135の続き。




P1020785.jpg
エアクリーナーボックスはこのテにしては容量が大きく、2.5L位はあろうか。




P1020787.jpg
未舗装路が多いとみえてエアクリーナーエレメントは乾式。(ビスカス式は埃っぽいとすぐに詰まるからね。)
リプレイスメントでK&Nもある様です。



P1020797.jpg
スロットルボディに ISC(アイドルスピードコントロール_自動調整)機構は無く、ソレノイドによるファーストアイドル機構のみだがストールは皆無、心配無し。
ベンチュリー径は恐らく22mmと小径。これは低中回転重視の設定の為。YZF-R15がスロットルボディ径28.5mm、バルブサイズIN19.5mm、EX17.0mmで、チューニングの際は丸ごと流用出来そう。





P1020816.jpg
ラジエター裏の風導板でカウル内のエアフローをコントロールしている為、乗員は熱気にさらされない。
エキパイの膨らみは触媒ですぐ横を通るAIS(エアインダクション_排ガス浄化機構)のパイプが入る。
クラッチカバー前部にはオイルエレメント。1c7の頭番(品番)だが国内のマジェスティ用4D9-13440-00とほぼ同一品か?




P1020812.jpg
エンジンが鋼体となりステアリングヘッドを支えている図。ラジエター裏には恐らくヤマハ最小リングファン。彼の地は余程暑いと見え、夏でも滅多に回らない。




P1020811.jpg
リンクレスだがモノショックでスイングアームピボット付近に応力を集中。こういった造りにカブ等の実用車で無い事が伺える。実際に荷物を積む為の足周りでは無い。

LEOVINCE EVO2SLIP-ON
アジアのメインマーケットですのでメーカーも力の入れ様が違いますね。上はレオヴィンチのエキゾーストですがヨーロッパのメーカーでさえこっち向き。今、タイバイクが(個人的に?)熱い。
 / Template by パソコン 初心者ガイド

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。