Geniusな日々をご紹介

2018/01123456789101112131415161718192021222324252627282018/03

冬季五輪開催中日本人選手の活躍が期待される中、久しぶりの投稿でで御座います。

🐰ピョンちゃんオリンピック一等賞の商品はおいしいニンジンです。

🐱4年後はニャンちゃんオリンピックです。(スポーツには疎いですね。)

今日はクラッチワイヤーの製作。

P1070862.jpg
懐かしのホンダCRM50。
懐かしいだけあってクラッチワイヤー生産中止完売なのだ。





P1070870.jpg
在庫の中から適当なワイヤーを物色。




P1070865.jpg
レリーズ側形状が近く、手間が少ない。これでいこ。




P1070880.jpg
先ず部品作り。
6mm真鍮棒カット。




P1070884.jpg
2mmのワイヤーに対し、2.5mmで穴開け。






P1070892.jpg
ワイヤー出口は大きく座刳ってあります。(ざぐるっていうんですよ)
指のアップが気持ち悪い。





P1070874.jpg
エンドのキャップはカシメてあるので過熱して取り外しておく。





P1070877.jpg
新しいアウターを任意の長さにカット。





P1070888.jpg
材料そろいました。




P1070891.jpg
新しいアウターに加熱したキャップを被せる。
完全にボトムさせないと使い物にならない。





P1070452.jpg
真鍮棒で作ったタイコの穴にワイヤーを指して先端をほぐして広げて座刳りに引っかかる様にします。
適切な画像が無いので古い作業例から探したカットですが、やはり指のアップが気持ち悪い。




P1070896.jpg
先端を始末してから半田付けした図。
半田はステンレス用。
作業後、フラックスを良く洗い流さないと早期に腐食します。





P1070897.jpg
予めワイヤーに通しておいたジュラコンのカバーを被せてワイヤー完成。
ワイヤーは全体長、インナーアウターの長さの差、両端作動部の形状、取付部分が近似又は同一であれば良い訳で、細かく測って数字にする必要無し。量産じゃ無いからね。





P1070899.jpg
この車はレバーを握った際インナーが手前に引かれるようでアジャストスクリューと干渉します。





P1070898.jpg
この場合、切り欠きを手前にする事でアタックをかわせます。





P1070903.jpg
レリーズ側。
旧いホンダはWナットでフローティングになっているのだが固定式に改める。
ステーの角度が悪くワイヤーのアタックがやはり強い。





P1070904.jpg
これで良し。
ワイヤーが切れるのにも原因があるのだ。

他の作例はまたいつか。

ワイヤー1本で高額請求はし難いので一連の作業はこの記事書くより速いのだ。
...........................................................................................................
* どう見えるかよりも己が何で有るかが重要である。
* 故にblogは重たく指のアップは気持ち悪い。   Genius.

スポンサーサイト
 / Template by パソコン 初心者ガイド