FC2ブログ

惜しげもなく塗ってしまうのだ2

Geniusな日々をご紹介

2018/09123456789101112131415161718192021222324252627282930312018/11

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
YZF-R1Mのグラフィック、ブルーからオレンジに色替え。
お客さんムチャ振りで飽くまでグラフィック部分だけ塗る。
どーしましょ?
久しぶりのペイント。


グラフィックの位置をマスキングテープで採ってあります。
ブルーのグラフィックの周囲0.5mm程の隙間が確認出来ますか?
ここまでがクリアでコートする範囲で下地を研ぐ範囲。
ベースコートは耐溶剤、耐薬品性低いので同一の見切り(マスキングライン)だと
断面に露出しますから、見切りをずらして完全に覆うということです。
結果として塗膜の段差を小さくする効果もあります。
70μの段差が、30μ→40μの二段。




P1070562.jpg
こちらは研ぎ終わり。
この後0.5mmアンダーサイズでベースカラー用マスキングをする。
他の部分は活かすから、かえって手間が掛かる。




P1070565.jpg
今回はプロッターやマスキングシート等は使わず、テープを重ねた物を手作業で切り出しました。
直接貼って切る事も有りますが流石にナイフ入れられないですよね。




IMG_20171029_152150.jpg
今回はアレンジして文字はカーボン地で行きます。
昔の塗装屋さんが「かっぱ抜き」と呼んだテクニック。





IMG_20171029_154755.jpg
オレンジの下は下色にホワイトが入ってます。
オレンジは光を良く通す為、下色の影響が大きい。
白の反射板を敷く事で発色が良好で均一になります。




IMG_20171031_123925.jpg
艶っぽく塗りあがったオレンジも乾燥後研いでしまいます。
(因みにサンドペーパー#1000水研ぎ)




IMG_20171031_124024.jpg
クリアコート→加熱後、完全硬化前の姿。
2対1の純ウレタンクリアで高級品。扱いが難しいから使っているところは少ないよ。





P1070573.jpg
硬度が上がる前に磨く。
磨くといっても見切りの段差を丸める程度。
数日休ませれば出来上がり。




P1070690.jpg
組み上がった画像無かったんで後日撮影。




P1070688.jpg
HYODO辺りが似合うのだ。




P1070583.jpg
「READY TO RACE」なR1完成~。


         Daily khaos!  by Genius.
スポンサーサイト
この記事へのコメント
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
この記事のトラックバックURL
http://heatspot.blog112.fc2.com/tb.php/174-5e7f5a82
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
 / Template by パソコン 初心者ガイド

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。