FC2ブログ

ぐはっ!(V-MAX マスターシリンダ&キャリパー)

Geniusな日々をご紹介

2018/081234567891011121314151617181920212223242526272829302018/10

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
uhya1
V-MAXのクラッチマスターシリンダキャップを開けた図。アルミの腐食粉でダイヤフラムが「都こんぶ」の様になってます。




uhya2
フルードの底のおびただしい沈殿物。赤みを帯びているのはスチールの錆でしょうか?

                                             Fブレーキ側も同様。uhya3

uhya4
現在広く使用されているブレーキフルードDOT.4は高沸点と引き換えに非常に吸湿性が高く、長期の使用で水分を蓄えます。そうなると沸点も下がりますし、国産車のブレーキラインの内部は金属素地で表面処理されていないので腐食は免れません。シール溝が腐食してシールを押し上げ、ピストンの出、戻り共に悪くなります。この車両は過度の引きずりでした。
ブレーキ&クラッチフルードは1年毎、特にクラッチフルードはエンジンの熱を受けますので緩やかな運転状況下でも早期に劣化します。キャリパ&マスターシリンダーは4年で分解、シール&カップを交換しましょう。腐食は完全撤去が困難で、依って以降のオーバーホールのサイクルは早くなってしまいます。前出全て、定期交換部品に指定されています。
低年式の中古車を購入する際は、覚悟が要るところの一つ。



スポンサーサイト
この記事へのコメント
勉強になるわぁ
毎度です。勉強になります。
物事には理由がある訳ですね。
昔は「ブレーキ?効きゃあいいンだよ」ってノリでした。
アルミの腐食は内部まで浸透しますからね。タチが悪いです。
あっ・・・俺も立ちが悪いですけどね。
2012/01/17(火) 11:58 | URL | 赤い彗星 #vFeqmXc2[ 編集]
タチ悪?
その柔軟性を生かして色んなポジションでライディングすれば。
2012/01/17(火) 21:24 | URL | ジーニアス #-[ 編集]
いやいや・・・
なんだろ、ライディングもくそも無いです。
ウイリーしようと思ったらジャックナイフだったみたいな。
2012/01/19(木) 15:31 | URL | 赤い彗星 #-[ 編集]
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
この記事のトラックバックURL
http://heatspot.blog112.fc2.com/tb.php/35-f339432e
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
 / Template by パソコン 初心者ガイド

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。