FC2ブログ

RZV500_レストアお手伝い

Geniusな日々をご紹介

2018/101234567891011121314151617181920212223242526272829302018/12

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

RZV500(1984)フォークオイルの交換を致しました。




P1010388.jpg
オーナー自身でレストア中の車両です。フレームがブラックになっています。(塗り肌とヒケからして粉体焼付けと診た。)
オリジナルはアルミにヘアラインの入ったシルバーアルマイトが国内で、輸出用はスチールフレームにシルバー塗装だったと記憶しています。
ツインクランク、前側気筒はケースリード、後はピストンリードバルブの変な奴。ケニーロバーツレプリカ。
持ち込まれたのは骨格だけですが、ユニークなRショック配置等、現在では見られない技術を散見します。




P1010390.jpg
フォークのイコライジングパイプ。
当時のトレンド、エア加圧式フロントフォークです。(現在は大気圧が主流)
フレームの溶接ビードが美しい。




P1010391.jpg
GP500でスズキ、ミシュラン組が先鞭をつけたフロント16インチ+アンチノーズダイブ機構。
ブレーキの油圧を利用してフロントフォークの過度の沈み込みを抑制する機構で、より直線的に突っ込んで鋭角に立ち上がる、「従来のアウト・イン・アウトの更にインを刺す」といったようなコンセプトの最も80’Sな香りのするデバイス。
ディスクは四輪車の様なベンチレーテッドディスクで制動面の間が中空になっている物。V-MAX1200のリヤにも採用されていました。

今回はあくまでお手伝い。帰りに基本サービスデータ、配線図、ハーネス&パイプ取り回し図をお渡ししましたが、4本のマフラーから白煙を吐いて走る姿を早く見てみたいものです。



スポンサーサイト
この記事へのコメント
ストライク!
これまた僕ら世代にはどストライクな単車・・・
フレームの溶接綺麗ですね。

アンチノーズダイブ・・・くわー、懐かしい響き

まさに、高校時代のカワイイクラスメートに偶然会って
あの頃の洋楽の話で盛り上がっちゃった感じですな。

2ストの大排気量は暴力的で友達のNS400を乗って
怖い思いをしましたね。交差点立ち上がりでグイッと
開けたら・・・ズルッと「きゃー」
奇跡的に転ばず・・・
返すとき「何したの?」とアンダーカウルに擦った痕が・・・
それ以来、4ストです。やっぱFZ400Rでしょ
2012/02/10(金) 15:18 | URL | 赤い彗星 #-[ 編集]
絶滅危惧種
当時伊豆スカでFZR400(1WG)と取っ替え引っ換え乗った事が有りますが、走安(シャーシが柔らかい)とスロットルの重さで思うように走れませんでした。(君も居たっけ?)逆車の方が飛ばす向きには向いています。ガンマやNSと違って出力特性は穏やかでした。
2012/02/10(金) 20:40 | URL | ジーニアス #-[ 編集]
RE:絶滅危惧種
まさに「絶滅危惧種」ですね。
まぁ、エコが叫ばれている昨今、スポーティな単車は絶滅危惧車なのかな?
クルマもハイブリッドとEVばかり・・・
ト○タが久々に出すけどヒットするのか気になるところ

そうそう、R1の'11と'12って顔が違う?
なんか'12のR1の顔がやけにカッコ良く見えるンだよねぇ。
なんつーかストライクな顔なんだよねぇ
塗り分けが違う?鼻面が短くなった?低くなった?なんだろ。
なにかが違う。
2012/02/11(土) 16:02 | URL | 赤い彗星 #-[ 編集]
あらら、誤字
操る、の操安だ。訂正。
ん?R1?
貴方の方が余程カッコイイ。
今度のはトラコンの介入度が細かく設定されているのが良いです。どなたでも恩恵有り。
R1000や10Rなんかはプロがタイムアタックする時はトラコン切っちゃうんだよ。
2012/02/12(日) 01:41 | URL | ジーニアス #-[ 編集]
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
この記事のトラックバックURL
http://heatspot.blog112.fc2.com/tb.php/45-cc38a11c
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
 / Template by パソコン 初心者ガイド

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。