FC2ブログ

続、開発コードT135

Geniusな日々をご紹介

2018/101234567891011121314151617181920212223242526272829302018/12

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

前回書いたSPARK135の続き。




P1020785.jpg
エアクリーナーボックスはこのテにしては容量が大きく、2.5L位はあろうか。




P1020787.jpg
未舗装路が多いとみえてエアクリーナーエレメントは乾式。(ビスカス式は埃っぽいとすぐに詰まるからね。)
リプレイスメントでK&Nもある様です。



P1020797.jpg
スロットルボディに ISC(アイドルスピードコントロール_自動調整)機構は無く、ソレノイドによるファーストアイドル機構のみだがストールは皆無、心配無し。
ベンチュリー径は恐らく22mmと小径。これは低中回転重視の設定の為。YZF-R15がスロットルボディ径28.5mm、バルブサイズIN19.5mm、EX17.0mmで、チューニングの際は丸ごと流用出来そう。





P1020816.jpg
ラジエター裏の風導板でカウル内のエアフローをコントロールしている為、乗員は熱気にさらされない。
エキパイの膨らみは触媒ですぐ横を通るAIS(エアインダクション_排ガス浄化機構)のパイプが入る。
クラッチカバー前部にはオイルエレメント。1c7の頭番(品番)だが国内のマジェスティ用4D9-13440-00とほぼ同一品か?




P1020812.jpg
エンジンが鋼体となりステアリングヘッドを支えている図。ラジエター裏には恐らくヤマハ最小リングファン。彼の地は余程暑いと見え、夏でも滅多に回らない。




P1020811.jpg
リンクレスだがモノショックでスイングアームピボット付近に応力を集中。こういった造りにカブ等の実用車で無い事が伺える。実際に荷物を積む為の足周りでは無い。

LEOVINCE EVO2SLIP-ON
アジアのメインマーケットですのでメーカーも力の入れ様が違いますね。上はレオヴィンチのエキゾーストですがヨーロッパのメーカーでさえこっち向き。今、タイバイクが(個人的に?)熱い。
スポンサーサイト
この記事へのコメント
俺のフィラーノも・・・・
このマフラー・・・いけてます。
ってか、かわいい。まぢでうける。
フィラーノのマフラーとかもあるのかな?
カスタム見本では色々なマフラーあったけど・・・
入手できるのかなぁ?
っと、その前にキャリアね。

そうそう、これって高速乗れるの??もしかして
2012/09/01(土) 12:07 | URL | 赤い彗星 #-[ 編集]
高速道路乗れますよ。
ヤマハ最小の軽二輪(126~250cc)クラスです。
メーター読み140km/h確認済み。実速110~120程度だろうか。あっ、4速マニュアルだけどクラッチ操作が無いからAT免許でOKね。
2012/09/02(日) 02:42 | URL | ジーニアス #-[ 編集]
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
この記事のトラックバックURL
http://heatspot.blog112.fc2.com/tb.php/79-f9cff6c4
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
 / Template by パソコン 初心者ガイド

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。